自律神経失調症とは?

- What is the Dysautonomia -

自律神経失調症は自律神経のバランスが何らかの原因で乱れてしまった結果として起こる様々な症状のことです。
自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成り、自分の意志とは関係なく働きます。
交感神経は主に緊張・興奮状態の時に働き、副交感神経は平常時・心身共にリラックスしている時に働く神経系です。
ほとんどの器官はこの2つの神経が同時に働くことで維持されています。
例えば、心臓の動き、血圧、食べ物の消化、体温の調節など、生命を維持する上で重要な体の機能をコントロールしています。

全身症状

倦怠感、食欲不振、睡眠障害、めまい、肩こり、多汗、のぼせ、冷え、ふらつき、脱毛、皮膚や粘膜の乾燥、かゆみ、しびれ

精神症状

イライラ、憂鬱、不安感など

頭…頭痛、頭が重い
目…目が乾く、目の疲れ、涙が出る
耳…耳鳴り
口…口が渇く、味覚の異常
喉…圧迫感、異物感、
呼吸器…息切れ
循環器…血圧の急激な上下、動悸、
消化器…下痢、便秘、膨満感
泌尿器…頻尿、残尿感、出にくい
生殖器…生理不順、ED


このように、自律神経失調症の症状は特定の臓器や器管に集中的に表れる場合があります。

自律神経失調症の原因

- Cause of Dysautonomia -

自律神経失調症は現代社会が生み出したストレス病とも言えます。
ストレスによって交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、様々な症状を引き起こします。
仕事や人間関係の悩みなどの精神的ストレスだけでなく、暑さ・寒さ、痛みなどの刺激もストレスと言えます。
特に季節の変わり目や、肉体的・生理的に変化が激しい思春期・更年期は、ホルモン分泌の変化によって、自律神経失調症が起こりやすいと言われています。
また、夜更かしや昼夜逆転の生活は、体内時計を狂わせ、自律神経のリズムに乱れが生じす。

自律神経失調症には3つの要因が関係しています。


生活習慣

睡眠、食事、運動のバランスが悪いことや休養ができない。また、多量の飲酒や喫煙も影響を及ぼします。

環境

ストレスが溜まり、自律神経のバランスを欠くことはもちろん、逆に全く刺激がない状態も良くないとされています。適度に活動することが大切だといえます。

遺伝

自律神経失調症自体は遺伝するものではありませんが、親が自律神経失調症になりやすい体質をもっていれば、子にも似た体質が受け継がれる可能性があります。また、アレルギーや虚弱体質の人は自律神経失調症になりやすい傾向にあります。

また、自律神経失調症はとくに30〜50代の女性に多くみられます。
女性は、一生のうちで月経・妊娠・出産・閉経とホルモンバランスが変化します。
このホルモン分泌の司令塔となるのが脳の視床下部ですが、自律神経の働きもこの視床下部によってコントロールされています。
ホルモン分泌の乱れが自律神経にも大きな影響を及ぼしているのです。

自律神経失調症の治療方法

- How to cure Dysautonomia -

基本的には安静にしてめまいがおさまるのを待ち、歩行可能な状態にします。

西洋医学

病院の心療内科や神経科では

薬物療法ではまず、自律神経調整薬と呼ばれる薬が使われます。これは、自律神経のバランスを整える薬です。
脳の視床下部に働きかけゆっくり効果を発揮します。
副作用も強くない反面、速効性もそれほどありません。
自律神経調整薬で効果が得られない場合は、抗不安薬、抗うつ薬などの向精神薬を使うこともあります。
イライラや不安感を抑えることができ、リラックスできることで睡眠を促す効果が期待できます。
効果を実感するには2週間〜1ヶ月かかることもあります。
他に、ホルモン剤やビタミン剤、睡眠剤など症状によって薬が使われます。

薬物療法以外では

カウンセリング、
自律訓練法によってストレスを軽減させ症状を改善させる方法、
睡眠の周期を整える行動療法、
体内時計を整えるために光を体に当てる、見るなどの治療法もあります。

東洋医学

鍼灸・整体・漢方薬を用いて治療します。
西洋医学で主に用いる薬物は使用せず、体を元の状態に戻す、再発しづらい体に近づけることを目的としていて、副作用がないことが特徴です。副作用がありませんから、西洋医学療法との併用が可能です。

鍼・灸治療

鍼灸治療=腰痛や肩こり等の治療と一般的に捉えられがちですが、リンパの流れ良くする・血行促進・内蔵機能の調節・バランスの崩れた自律神経機能を整える・免疫力の向上等体質を改善していくことができる方法で、WHO(世界保健機構)でも鍼灸治療が様々な疾患に効果があると認められています。

整体・カイロプラクティックなど

骨格の歪みとそれとともに筋肉がアンバランスになることで血行不良になったり、神経を圧迫したりします。整体・カイロプラクティックで骨格を正常に整え、筋肉をほぐすことにより、内臓機能の調整・血行促進・精神のリラックスなどに効果があるとされています。

漢方

黄連(おうれん)、抑肝散(ようかくさん)、芍薬(しゃくやく)等

※早期の治療が有効です。
※治療経過には個人差があります。

監修院のあいさつ

- Adviser -

ph

大阪府枚方市で鍼灸整体院を経営しています

はらべ鍼灸整体院  院長 原辺幸司と申します。

この度、「多くの身体の痛みでお悩みの方がインターネットで調べても、得たい情報が掲載されているホームページがなくて悩んでいる人が多いんですよ。」という声をよく聞いてきました。そこで私は、そんな悩みを抱えられている方に、痛みの解消のための情報が提供できればと思い、このページを立ち上げました。

東洋医学的見地だけでなく、西洋医学的見地から見てもフェアで公平な、情報の偏りがないようにすること、そしてなるべく専門的な話を敢えて省いて分かりやすくすることを大目的にしてページ作りをしました。
身体の痛みにお悩みの皆様のお力に少しでもなれましたら幸いです。

○「原辺式治療法」について (当ページ最下にジャンプします)

原辺式治療法

- Harabe style Total-therapy -

私は、これまでの長い治療家人生の中で、数多くの患者さんに症状回復へ向けて施術を行って来ました。

その中で、私が編み出した療法。それが「原辺式治療法」です。

「原辺式治療法」では、「自律神経失調症だから自律神経の回復のみ」、「うつ病にはうつ病の回復のみ」などの解決だけでなく、「全身のバランスの乱れが精神的なある部分に出ている」という観点で、「抜本的に治す」ということを目的とし、個別の状態に最も適した治療をすることを大前提として、全身の施術を行っています。

これまで、世界中に存在する、改善率が高いと言われている様々な治療法があると知れば徹底的に研究・実践し、その中でも効果を確認できたものを取り入れました。私は、「どこに行っても改善しなかった症状を改善できる治療家になりたい」という一心で、多くの方に教え受けています。「原辺式治療法」は、そのような思いで確立して来ました。

自律神経失調症の治療では、整体(自律心体療法)、ソフト矯正、鍼灸治療を用います。

まず、身体のストレスを治療によって取り除き、心のゆとりが出る様になります。
そして、それを続けることによって、交感神経と副交感神経を正常化して行きます。

また、うつ病の改善を見た実績もありますので、ご相談ください。

ソフト矯正と鍼灸治療に併せて、自律神経失調症に対して特に効果的な整体(自律心体療法)を行います。自律心体療法の3つの手法について以下で詳しく解説します。

1.内臓調整療法

自律神経失調症やうつ病の方は、胃・腸等の内臓機能が働きにくくなっている方が殆どです。内臓機能が弱っている状態では、誰にとっても良好な状態ではないことは明らかです。
自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを正常化することで、胃や腸等の内臓の働きを改善します。

2.呼吸改善療法

自律神経失調症やうつ病の方は、気づかない内に呼吸が浅くなっていることが多いです。
呼吸が浅いと自律神経が乱れやすく、症状が改善しづらくなります。
呼吸を改善する施術を行うことで、呼吸が深くなるのを体感することができます。

3.頭蓋骨矯正療法

頭蓋骨の歪みによって、自律神経失調症やうつ病になりやすくなる場合があります。
頭蓋骨は、23個の骨がパズルのように組み合わさってできていて、その骨と骨とが組み合わさっている部分を縫合と呼びますが、その縫合部分が約60個あります。その縫合部分がユガミを起こしてしまうと、脳にストレスを与え、自律神経失調症やうつ病になることがあるということが分かっています。
ただし、矯正と言っても、押す力は500グラム程度のかなりソフトな力で行いますのでご安心ください。